スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
激動の日々②
卒制も、体験教室も無事に終わり、某ホームセンターのカルチャー講師の面接の日が来た

面接時に資格を証明するものが必要といわれ、急きょ照美先生とTさんのご配慮で仮の卒業証明書(卒業証明書は来年の三郷での作品展の後にいただくことになっているため)と認定講師証明書を送っていただいた。

定刻に担当の方に会いに行くと、明らかに歓迎されていない空気が流れていて何かあったことがすぐにわかった。
そのカルチャーにはすでにトールの講師が1名いて、店舗のオープン時からのお付き合いらしく、前任の担当者には他の講師は入れないでと言ってあったのに、どういうこと?とクレームが来たらしいのだ。
そのホームセンターは近くにあと2店あり、すべてその先生が入っているため、今回の事で気分を害してやめられては困るということだった。
担当の方も困っている様子だし、仕方ないなとは思うのだけど、
それなら面接できないって連絡くれればいいのに…

家に戻ると涙がこぼれてきた。
わざわざ送って下さったTさんと照美先生に申し訳なくて…
子供がうまれてからは嬉しい涙ばかりだったから、悔しくて涙がでたのは久しぶりの事だった。

またまたこの時も友人達や家族の励ましで立ち直れたけど、自分の作品に、指導力に自信があったらそんなことするのかな?
競争社会なのだろうけど、私はこんなやり方は理解できない。
同じトールに携わる人として悲しい思いがした。

次に某カルチャーセンターで面接をして、秋から開講することが決まった。
トールの講師からの売り込みはとても多いらしく、最初は断るつもりだったらしいのだけど、照美先生の作風がよかったのね、きっと。
そして送っていただいた証明書が無駄にならなくて本当に良かった。

体験教室の事や今回の事で、私は本当に多くの人に支えられているんだなぁと改めて実感しました。
ありがとう



スポンサーサイト
【 2007/03/30 17:49 】

| トールペイント | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<博物館 | ホーム | 激動の日々①>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yujioda1213.blog94.fc2.com/tb.php/23-9137b056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。